喜田医院

ご挨拶

本院は2005年(平成17年)9月に開院しました。
内科外来診療をしています。
内科は幅も広く奥も深く、いつまでたっても新鮮でおどろきの連続です。
当医院では健康に困ったことがあれば気軽に尋ねてくれる雰囲気を守りたいと考えております。
詳細に原因を考え、原因に沿った治療をひとりひとり個別に考えるようにしたいと思います。
患者様のデータはすべてご本人にお見せし、すべてお渡しすることがガラス張りの診療になり信頼の基礎になると考えています。
思いやりが医療の原点だと思います。
医師、看護師、受付け事務員はそれぞれの領分でその思いやりを持てる技術に代え、患者さんに提供することが大切だと思っています。

医療設備について

血液検査

血液検査は概ね院内で行っています。
20〜30分で結果が出ますので、その日の検査データを治療に反映することができます。

医療機器設備

レントゲン、心電図、腹部超音波を備えています。
内視鏡、CT、MRIなどは中核病院に病身連携を利用して、その場で予約しています。
日時や連携病院は患者さんの希望に沿うようにしています。

電子カルテ

電子カルテを運用し、患者様の状態や経過を把握しています。
検査データも過去のデータから当日のデータまで画面で一覧できグラフにしてお見せし、印刷してお渡しするようしています。
次回の診療予約も診察室にて医師と日時を決め、予約票をお渡ししています。

お薬

お薬は基本的に院内で処方し、帰りにお渡ししています。